ホーム  >  ソリューション  >  ドキュメントソリューション  > 

概要

日本ユニテックでは長年に渡りドキュメントソリューションを展開してまいりました。
ドキュメントのXML化やワンソースマルチユース、制作作業を効率化するためのご提案やシステム開発、トレーニングなどのサービスを提供しています。
XML化
ドキュメントのXML化への興味や関心が高まっています。しかし、何のためにXML化するのでしょうか。またXMLにするメリットやデメリットは何でしょうか。コンサルティング、DTDやSchemaの設計などXML化のニーズにお応えいたします。
[XML初期診断パック]もご覧ください。

ワンソースマルチユース
電子データをマルチユースすることによって、データの資産価値を高めてゆくことができます。一つのデータから目的に応じた複数のマニュアル、HTMLのオンラインマニュアル、カタログなどに展開するためのご提案からシステム作りなどお気軽にご相談ください。

パッケージ製品のカスタマイズ
Adobe InDesign、FrameMaker、Acrobat、TRADOSなどのプラグインを開発しています。システム連携のための機能だけでなく、普段の制作業務を簡便に効率化するお手軽なプラグインも開発いたします。
FrameMaker9に関するお知らせはこちらから

パブリッシングシステム
様々なパブリッシングシステムをご提案、設計、開発いたします。
  •  • DBパブリッシング
  •  • 改訂情報管理システム
  •  • 雑誌や新聞などの組版システム
  •  • TRADOSを利用した翻訳管理システム
トレーニング
XMLやDTPソフトのトレーニングセミナーを開催しています。詳しくは[セミナー]をご覧ください。

コンバージョン
ドキュメントを作成したアプリケーションデータをコンバートいたします。
  •  • Interleaf >> FrameMaker
  •  • Global View >> FrameMaker
  •  • XML >> 構造の異なるXML
  •  • SGML >> XML
  •  • Tex >> XML